こびの天狗は日本一大きい

こびの天狗は日本一大きい

こびの天狗は日本一大きい

古井(こび)に天狗山があります。ここには日本一大きい天狗像が祀られ、 高さは12mと遠くから見ても非常に目立ちます。そしてこの天狗以外にも小さな天狗が数多く祀られている珍しい場所です。

荒薙教(あらなぎきょう)

こびの天狗は日本一大きい

ここには、荒薙教(あらなぎきょう)という宗教施設の本部があり、天狗を神の使いとしているため、これだけ数多くの天狗が祀られているというわけです。

荒薙教(あらなぎきょう)とは、今から100年ほど前、教祖である戸田よきという人が修行の末に霊験を体得し開いたのが荒薙教。主斎神は荒薙大神という神様なのですが、神出鬼没、変幻自在である天狗を大神の使いとしているためにこんな天狗像があります。

こびの天狗は日本一大きい

こびの天狗は日本一大きい

こびの天狗は日本一大きい

こびの天狗は日本一大きい

こびの天狗は日本一大きい

こびの天狗は日本一大きい

こびの天狗は日本一大きい

こびの天狗は日本一大きい

こびの天狗は日本一大きい

こびの天狗は日本一大きい

こびの天狗は日本一大きい

こびの天狗は日本一大きい

敷地内にはいろいろな場所に天狗が祀ってありますので、散策しながら楽しめます。一般的な天狗の特徴である山伏のような格好、高い鼻、背中の羽、鳥居の天狗像は阿吽(あうん)になっています。羽団扇のかわりに剣を持っていますね。等々。

こびの天狗は日本一大きい

そして、散策した後は天狗山からは市内はもちろん可児市や天気が良いと恵那山も一望できますので、ゆっくりと休憩でもしましょう。

ちなみに、ここは幼い頃によく遊びに来ていました。その頃は天狗がたくさんあるなぁってくらいで関心はありませんでしたが、年を重ね久しぶりに行ってみると懐かし思い出が蘇ってきます。

年中行事

こびの天狗は日本一大きい

1月中:初詣で(正月3日間は、甘酒接待)1年の計をたて決意を祈願する。
2月1日:厄払い(豆まき)の神事
3月10日:最上稲荷祭・人形焼納祭
4月29日:教祖祭
7月24日:子育地蔵尊・先祖・水子の霊祭
10月21日:荒薙大教大祭
11月中:七五三のご祈祷
年中:受験のご祈祷:9:00~16:00

天狗山へは徒歩か車で行けます

こびの天狗は日本一大きい

JR古井駅から徒歩で10分ほどの場所にありますが、JRの本数は少ないのがネック。車での来場が一般的ですが、道がちょっと分かりずらい。

車の場合、JR古井駅の東側にあるセブンイレブンをまずは目標にします。次にその交差点を森山団地、山之上方面に北上します。上り坂となりすぐに分岐しますので右側(山之上方面)に進みます。左側へ進むと森山団地へ行ってしまいますので注意。

そして、上り坂になりますので数百mほど進み左カーブになる直前を右折すると古井の天狗山へ行けます。冬季には凍結しやすいためこの時期に訪れる場合は注意してください。

こびの天狗は日本一大きい

一方、徒歩の場合、セブンイレブンの交差点からは見える階段があり、ここを上がって行くと天狗山に早く付きますが、百段以上ある階段なので疲れます。

以前は部活で階段を往復する生徒を見かけましたが今もやっているのか???体力に自信がある人は挑戦してみてはいかがでしょうか?

なお、この階段の下にはJR高山線が通っていますので、真下に電車が見える場所がありますので、マニアには嬉しい場所かも知れませんね。幼い頃はここで良く電車を見ていた覚えがあり懐かしい場所です。

山之上果樹園がすぐ近くにあります

夏から秋にかけて山の上果樹園がオープンし、梨狩りやブドウが味わえます。山の上果樹園は天狗山からすぐ近くにありますので、天狗山へ曲がらず真っ直ぐ進むとすぐ到着できます。

梨好きの私はお盆明けから毎週直売所に買いに行っています。

FavoriteLoadingこの記事をお気に入り

関連記事

コメントは利用できません。

初めての美濃加茂おすすめ記事

  1. 学び・教育 美濃加茂市にある公立・私立幼稚園 幼稚園名 住所 電話 定員 …
  2. 美濃加茂市ってどんなところ? 何かとお世話になる美濃加茂市役所です。僕が生まれてからずっとこの…
  3. 美濃加茂市にある病院一覧 太田病院、木沢記念病院、が総合病院になります。 病…
  4. 中山道太田宿は51番目の宿場 江戸時代に栄えた五街道の一つ中山道六十九…

求人情報!

美濃加茂市人口・世帯

  • 人口総数:57,332人
  • 外国人人口:5,372人
  • 世帯数:22,990世帯

美濃加茂市高齢者

  • 65歳以上:13,116
  • 75歳以上:6,618人
  • 100歳以上:27人

美濃加茂市公共施設連絡先

ページ上部へ戻る